夜の蝶に降るようなキスを 2


 僕と彼女が出会った時、彼女は二十七歳バージョンだった。
 時刻は夜十一時で、若い女性が一人で公園をうろついてもいい時間ではない。
 彼女は星を見ているようだった。
 どこか違う世界の人間のように、あの空のどこかの星へ帰りたがっているかぐや姫のように見えた。
 いや、かぐや姫は月に帰るんだけどさ。
 僕は彼女に声をかけた。
 会社帰りのサラリーマンが、ちょっと飲んだ帰りのサラリーマンがね、ナンパかよ。
 女性に声をかけたのなんて、あれが始めてだ。きっとこの先もないと思う。
「すいません」
 それにしたって、まったく面白みのかけらもない話しかけ方だった。
 「すいません」 はないだろう。 「すいません」 は。
 けれど彼女は振り向いて、焦点の合っていなかった双眸を僕に合わせた。
 それからの変化は劇的だ。
 夢うつつだった彼女が現実に戻ってきたかんじ。
 僕をその目で認識して、少し時間を置いて、驚いたように目を見開いて、そして。
 彼女は蝶のように笑った。
 開花する花よりも、脱皮した蝶のように。
 ひらりひらり。
 蝶は飛んで、僕のもとへやってくる。
 彼女はふわりと僕を抱きしめた。
 まるで恋人に会ったかのように。嬉しそうに。
 自分から声をかけたにせよ、初対面のはずの女性に突然抱きしめられて、しかし僕は不思議な安堵感を感じた。
 ああ、よかった。
 あのまま飛び立っていかないでくれて。
 僕のところに降りてきてくれて。
 よかった。





 そして僕と彼女の共同生活が始まった。
 まぁ、ぶっちゃけてお持ち帰り?みたいな?
 でもさ、さすがにびっくりしたよ。
 目が覚めてさ、隣見たら小学生が寝てんだもん。
 ンなファンタジックな経験、人生そう何度もするもんじゃないでしょう。
 マジびびったって。