09:30


 そしてそれから約五分後、俺は女神と再会を果たした。
 さっき俺が彼女を追わなかったのは、勝算があったからだ。
 果たして彼女は、俺の教室の試験監督の一人だった。
 彼女は今度はさすがに中央の俺の横を通らず、右の列を通って教壇の方に歩いていった。
 賢明な判断だと思うよ。
 でなきゃまた、俺何してたかわかんないし。
 つってもまぁ、一応試験するための時間だし?
 こん時の俺は至極大人しかった。
 ただ、テスト用紙が配られて試験開始の合図があるまでじっと彼女から目を離さなかった。
 で、一定範囲内俺に近寄ろうとしない彼女のネームプレートから俺がかろうじて読み取った彼女の名前は、
『比企莢子』
 ナンテヨムンデスカ?
 あーちきしょう。辞書くらいもってくるんだったぜ。

 この時すでに、俺が女神と出会って十八分経過。